検索条件

検索したい商品の名前または
商品名の一部を入力してください。

商品カテゴリー

だし&栄養スープ

  • NEW
商品番号 KS048
商品名

だし&栄養スープ

価格 3,024(税込)
関連カテゴリ
自然食品 > 調味料・ルウ・ご飯の素
新商品&限定品 > 新商品
個数

商品説明

1袋(500g)の中に、これらの素材が丸ごと入ってます!
*カタクチイワシ 約150~200匹(1匹20~40g)
*カツオ 約1本(1匹約1~2㎏)
*無臭ニンニク 約30~35玉(1個100~120g)
*原木椎茸 約15~20個(1個20~30g)
*昆布   約650g
自然製法で頭から尾びれまで。
アミノ酸よりも吸収されやすいペプチドに、
繊維も低分子化されています。


これひとつで「だし」「調味料」「栄養スープ」の3役をこなす便利な粉末だし。
お湯を注ぐだけで一流仕出し屋さんもうなる、黄金色の澄んだ「一番だし」がつくれます。

また、素材丸ごとの豊富な栄養素と、吸収されやすい独自製法で、
おいしさを楽しみながら、抵抗力やからだの働きを高める点も人気のポイントです。

主原料となるカタクチイワシやカツオを、頭からしっぽまで骨も丸ごと使用!
酸化の原因となる脂肪分や不純物を除去し、雑味のないやさしい味に仕上がっています。

魚を丸ごと使用し、昆布や椎茸、無臭ニンニクを加えているため、
うま味成分もたっぷりです。お湯を注ぐだけでおいしい天然だしは、
軽く塩を入れると「おすまし」のような上品な味に仕上がります。
浸透しやすく素材の持ち味を引き出すので、いろいろな料理がワンランク上の味わいに。

化学物質や化学合成も使わない独自の製法でタンパク質を
「ペプチド(低分子)」化しているため、からだになじみやすいのが特長です。
そのため、短時間で栄養を吸収することができます。

*ペプチド化とは?
「ペプチド」とは、タンパク質が分解されて、アミノ酸として吸収される
 一歩手前の状態です。「ペプチド」はアミノ酸が10個以下と分子が小さいので、
 素早く吸収されるという性質があります。
 また、単体のアミノ酸よりも豊富な栄養素を持っています。

 私たちのからだの中にも「ペプチド」は存在しており、サビつきを防ぐ働き、
 抵抗力、めぐりの圧の調整、ミネラルの吸収促進、ホネをつくる働き、
 美肌づくり、抜け毛予防など、あらゆる生体活動に深く関わっています。
 
 「ペプチド」化されたタンパク質は、わずかな時間で吸収され、
 体力を使わずに消化できます。
 お子さまからご高齢の方、体力が落ちた方でも栄養として吸収されやすい状態です。


*各器官の働きを活発にする!
栄養補給源としても優れています。おなかや「かん」「じん」な器官の働きを
活発にし、カルシウムの吸収を助ける働きもあります。

*疲労回復や体力増強に!
約10gでカタクチイワシ3~4匹分の栄養に相当。
スムーズに吸収され、体力の回復をサポート。
さらに無臭ニンニクのスタミナパワーで相乗作用が期待できます。

商品詳細 

内容量:500g
原産国:日本
原材料:でんぷん分解物(キャッサバ芋・タイ)、カタクチイワシ(福岡・長崎県近海)、
カツオ(鹿児島県近海)、昆布(北海道)、原木栽培椎茸(大分県)、無臭ニンニク(山口県)
※保存料、化学調味料、酵母エキス、たんぱく加水分解物、香料、着色料、塩分、
 甘味料無添加

保存方法:直射日光・高温多湿を避け、密封容器にて常温保存

お召し上がり方

●栄養スープ
1回分大さじ山盛り1杯(約10g)にお好みで天日塩や薬味を加えて熱湯を注いでください。

●だし
1人前5~10gを目安に水またはお湯で溶いてご使用ください。

【水から入れる】味噌汁・澄まし汁・煮物・雑煮・野菜スープ・肉スープ等
【多めに入れる】天つゆ・麺つゆ・炊き込みご飯等
【少な目に生地にまぜる】餃子の具・チヂミ・ツミレ(肉・魚)・ハンバーグ・お好み焼き等
【振り入れる】チャーハン・野菜炒め・焼きそば等
【途中で入れる】カレー・シチュー・ソース
【直接混ぜる】ドレッシング・三杯酢・胡麻和え・だし巻き卵
【溶かして入れる】漬物・梅酢漬け・ぬか床

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

現在のカゴの中

合計数量 0
商品金額 0
カゴの中を見る
購入手続きに入る
10,000円(税込)以上お買い上げのお客様は「送料無料!!」
ペンギン博士BLOG
アムリットず紹介コーナー

お問い合せ

Webからのお問い合せ
お電話でのご注文・お問い合せ 0120-65-863
携帯電話からおかけになる場合は 059-340-5139
FAXでのご注文・お問い合せ
IP電話からのFAXの場合は 059-340-5175
FAX用紙
ページ最上部へ