検索条件

検索したい商品の名前または
商品名の一部を入力してください。

商品カテゴリー

ソンバーユNo.7 美肌用

ソンバーユNo.7 美肌用
商品番号 BC018
商品名

ソンバーユNo.7 美肌用

価格 3,240(税込)
関連カテゴリ
美容・カテゴリ別 > クリーム・保湿
個数

商品説明

お肌のケアに大活躍!また、お肌に必要な油分をサポートしてくれるから、
美肌の大敵・乾燥を防いで潤いの肌に♪
馬油に特有のニオイもなく、油でありながらさらっと肌に馴染むつけ心地は
素晴らしい使用感です。

開発者・直江昶(とおる)社主ご自身が大やけどを馬油に助けられた経験から、
「良いものを人々に」と改良を続けてこられた熱い想いがこもっているのが、
人々に永く愛され続けている理由でしょう。

『ソンバーユ』は、美顔、美肌はもちろん、カサカサやヒリヒリなど
「傷んだ皮膚を本来の姿に戻す」サポートをしてくれます。
民間薬として伝えられているガマの油は、ガマガエルの油ではなく、
馬の脂肪から作られた馬油、我馬(ガマ)の油だったとも言われています。
馬油は、ほ乳類の油の中でも特に高度不飽和脂肪酸を大量に含有。
この脂肪酸がイキイキお肌をサポートします。

商品詳細 

内容量:60ml
原産国:日本製
原材料:馬油100%(無香料)/旧表示指定成分無添加

馬油の歴史

馬油は中国にそのルーツが・・・
5~6世紀頃の中国の医師、陶弘景の著書には、“馬の油は髪を生ず”と書かれています。
また、16世紀頃の中国の医師、季時珍が著した薬物学書にも多くの馬油効果が
書き記してあります。

これらの書物から、中国では5~6世紀頃には既に 馬油が使われていたと推測できます。
日本に馬油が伝わってきたのは、奈良時代と言われています。
日本に渡来した唐の名僧、鑑真和尚の一行が、薩摩に上陸して平安(奈良)の都に
北上する途中、大宰府で馬油の効用を伝承していったと語り継がれています。

脂肪には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。普通、不飽和脂肪酸が
多いのは魚類の脂肪で、その中でも海を遠距離回遊する魚に多く含まれています。
そこで馬油ですが、馬油は動物性脂肪酸の含有量が非常に多く、その含有量は60~65%です。
この数字は、不飽和脂肪酸の多さに定評のあるイワシの20~25%という数字の約3倍です。
しかも高度不飽和脂肪酸、つまりとても高品質である事が特徴です。

馬油と人間の脂肪はよく似た成分をしているため、馬油は人の肌に馴染みやすく、
身体に塗ってもべたつきません。
流動性の高い不飽和脂肪酸が肌に浸透し、栄養として吸収されるのです。
つまり、肌に栄養を与えて元気にしてくれるのです。

ご使用方法 

○洗顔後の素肌に薄くすり込んでお使いください。
○お肌に素早く浸透し、べたつきませんので、油やけなどの心配もありません。

<ご使用上の注意>
※お肌に合わないときは、ご使用をおやめください。
※乳幼児の手の届かないところに保管してください。
※日の当たらない涼しいところに保管してくだい。
※開封後は冷蔵保管をおすすめします。
※開封後は一年以内にお使いください。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

現在のカゴの中

合計数量 0
商品金額 0
カゴの中を見る
購入手続きに入る
10,000円(税込)以上お買い上げのお客様は「送料無料!!」
ペンギン博士BLOG
アムリットず紹介コーナー

お問い合せ

Webからのお問い合せ
お電話でのご注文・お問い合せ 0120-65-863
携帯電話からおかけになる場合は 059-340-5139
FAXでのご注文・お問い合せ
IP電話からのFAXの場合は 059-340-5175
FAX用紙
ページ最上部へ